様々なサイズのカットと素材に対応する断裁機。
高精度とともにオペレーターの安全も追求しています。
トップページ ≫ 断裁機に法律

断裁機に法律
イトーテックの対応できること
断裁機に法律?

断裁機を使う事業者は
法律で「安全に使う」ことが求められます。

労働安全衛生法では断裁機はシャーの一種となっています。また、関連規定 (労働安全衛生法、労働安全衛生法施行例、労働安全衛生規則、安全衛生特 別教育規定、等)を順守することが求められており、違反した場合は罰則が適 用されることもあります。

順守するべきポイントおさえた
イトーテックの対応できることをご紹介いたします。

※法令を紹介する文章は編集者が要旨を表現したものです。ご了承下さい。

1.断裁機オペレーターは安全講習を受ける必要があります。
法59条1項及び則35条・法59条3項及び則36条。
労働安全衛生法では断裁機を使用する事業者は、雇い入れ時に安全又は衛生のため教育を行うこと。と、断裁 業務に従事する人は、特別教育を受けなければ就業できない。が定められています。

2.断裁機は定期自主検査を行わなければいけません。
法45条及び令15条及び則135条。
労働安全衛生法では断裁機を使用する事業者は、その断裁機について、1年以内ごとに1回、定期に、自主検査を 行うことと、その自主検査の記録を3年間保存することが定められています。

3.断裁機は型式検定に合格していないと使うことができません。
法42条及び則27条・法44条及び令14条。
労働安全衛生法では断裁機を使用する事業者は、安全装置を具備していない断裁機は使用が禁止されてい る。と、断裁機は型式検定を受けるべき機械に指定されている。が定められています。

断裁機オペレーターは安全講習を受ける必要があります。
どうしたらいいの?
安全な断裁技術が学べる「学科教育」と「実技教育」を行なっています。
学科教育の風景。
実技教育を受ける受講者。

各事業所単位での特別教育
イトーテック断裁機による 実技教育を行います。
●学科と実技で10時間の講習です。
●断裁オペレーターの方が対象となります。
●修了された方には修了証を授与します。

イトーテックの特別安全教育修了証

学科教育+実技教育の料金
150,000(消費税別途)
申し込み参加人数は1名から6名まで。(6名まで料金150,000円) 追加申し込みされる場合は1名につき20,000円です。
ご用意していただくもの
■イトーテックの断裁機 ■用紙(四六全紙、A版・菊版・B本版いずれか[各上質もしくはコート紙])を3連

組合など複数の事業所への特別教育
実技教育はお客様自身で行うタイプです。
●複数の事業所が集まって当社の特別教育プログラムを受講できます。
●別途各事業所においてプラス2時間の実技教育を実施して下さい。
●学科講習終了証を授与します。

学科教育の料金
(一律)150,000(消費税別途)
日本印刷産業機械工業会発行テキスト代として1名1,000円が別途必要です。
※このプログラム内容は各事業所実機を利用できない関係上、各事業所単位での当社の特別教育プログラムとは異なります。

学科教育及び実技教育の内容と講習に求められる時間
(安全衛生特別教育規程より)

講師のプロフィール
学科教育 講師
原田文夫
1970年に開発としてイトーテックへ入社。1979年東京支店の営業へ。以後、東京支店の支店長を経て 2003年に愛知県の本社に営業本部長として戻る。その間、1986年から2004年に至るまでの18年間、東京 製本高等技術専門校の機械と電気の講師を務める。1996年に都知事賞を受賞。

実技教育 講師(イトーテック専属断裁インストラクター)
寺田重吉
1963年に断裁士見習として就職。1967年初めて紙を切る。紙を切る技術面において様々な壁に突き当 たり、1970年本格的に研究を開始。1972年技術マニュアル作成開始。同時に新人養成指導を始める。 1993年巻き取り原紙・製本断裁の研究を開始。2001年断裁技術読本の編纂に参加。安全な操作をテー マにさらなる研究に挑む。以来、現役断裁士であるとともに、断裁インストラクターとして活躍中。

断裁機は定期自主検査を行わなければいけません。
どうしたらいいの?
定期的に断裁機の保守点検を行う「レギュラーサポートサービス」があります。

サービスマンが定期的に点検を行い、専用の点検記録書を作成。
●同じ設置場所での契約2台目以後は基本料金から5,000円引き。

点検記録書(メンテナンスレポート。

3つの料金プラン
※1、※2 消費税別途。 レギュラーサポートサービス、未契約とも出張費が別途必要です。

1回ごとの定期点検サービスもございます
定期点検サービス料金
1回:30,000(消費税別途)出張費が別途必要です。

保守の内容
●弊社が製造・販売した断裁機及び給排紙機(いずれも製造後20年を経過していないもの)について、年間2回の定期点検と、 1回のオイル交換を年間保守契約料金にて行います。
●点検やオイル交換の周期を管理し事前に連絡の上訪問します。
●消耗部品・劣化部品の交換(部品費別途)を、お客様の承認を得て行います。
●点検時間内に完全処置が可能な修理、調整を行います。(クラッチ調整、精度調整、機構部注油グリスアップ等)
●チェックリストに基いて点検し、点検記録書を作成します。

保守料金
●基本料金:上記3つの料金プランからお選びください。
●契約台数割引:同一場所に設置の複数台をご契約のお客様には、2台目から1台ごとに5,000円を割引。
●時間超過割増:1台の点検作業時間は2時間以内とし、これを超える作業が発生した場合は30分につき5,000円の超過料金 を別途請求となります。 ●部品代:Aプランの油圧オイル及びギアオイルを除き、使用した部品費は別途請求となります。
●休日・時間外割増:休日の作業は1台につき1回15,000円を、その都度別途請求となります。
●ご請求:年額の料金を契約月にご請求させていただきます。

断裁機は型式検定に合格していないと使うことができません。
どうしたらいいの?
型式検定に合格した断裁機を、お客様の費用プランに応じて導入していただけます。

最初から安心の「eRCシリーズ断裁機」
eRCシリーズ断裁機は、全モデルが両手操作式安全装置と光線式安全装置を標準装備。 これらは型式検定に合格しています。

高品質でおトクな中古断裁機「FC3」
FC3は高品質なオーバーホール済み断裁機です。製造元ならではの純正パーツを使用。型式検定合格の両手操作式安全装置を装備しています。

型式検定とは
断裁機の操作者の安全を守る事を目的とし、その機械が厚生労働大臣の定める規格に適合し ているか審査します。また申請者がその機械等の製造・検査に必要な設備等を有するかも審 査の対象とされます。


イトーテックへのお問い合わせは電話、ファックス、eメールで承っております。お気軽にどうぞ。
Tel 0568-67-5311   Fax 0568-68-0495
Email info@itotec.co.jp
サイトマップ
製品について
© ITOTEC CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED
情報
イトーテックについて
マニュアル、ダウンロード
カタログ